池江璃花子 驚異のスイマー 気持ちの良い勝ちっぷりでアジア大会インドネシアのMVPに輝く

池江璃花子 驚異のスイマー

気持ちの良い勝ちっぷりでアジア大会インドネシアのMVPに輝く

気持ちの良い勝ちっぷりで

アジア大会インドネシアのMVPに輝く

池江璃花子 選手(18)にも敵がおった。

デング熱になる人の多い国です。

2018年アジア大会のインドネシア共和国のジャカルタで、

蚊の恐怖にさらされている。

蚊も怖いが殺虫剤も怖い。

 

普段の練習の時、

時間をおしんでプールで食事をとっている

驚異のスイマーでも蚊を怖がっている。

 

池江選手は、強心臓で大会に臨んでいます。

 

今年の日本は38℃はザラである。

ジャカルタは30℃~33℃と日本より快適な気候になっている。

選手村では、

シャワーがチョロチョロっとしか出なくて、

温かいのが出なくてすごく寒いそうです。

 

池江選手の泳ぎ方の特徴として言えることは、

長いリーチを有効に生かした

大きなストロークが武器です。

その回数は成長とともに

減少しているそうです。

 

元競泳選手 の 萩原智子 さんは、

池江選手のストローク数の少なさを

「 池江選手が腕を2回転している間に、他のの選手は3回転させている 」

と表現しています。

「 1ストロークごとに、より 遠くの水をつかみ、押し切ることが できており、そのことが水に対する抵抗が 少ない泳ぎとも繋がっている。」

と 分析されています。

 

元競泳選手 の 伊藤華英 さんは、

池江選手の泳ぎを

「 見たことがない 泳ぎ方で、見た目には楽そうというか、どこに力が 入っているのかなという泳ぎです。」

と 表現しています。

「首に力が 入らないで、脇の下を 使いながら楽に、水を つかんで後ろに持っていく作業が できている。 」

と指摘しています。

「 水の中を滑るように 腕も足も一体となって 泳いでいる。」

とその 特異性 を評価されています。

 

池江璃花子が

アジア大会で、

競泳 日本勢最多 の 6冠を達成  した。

 

 



私がなせ  アフィリエイトをはじめたか?
↓ ↓ ↓ ↓
イイ収入ガ ガイド

2件のコメント

  • こんにちは^^

    コメントありがとうございました。
    池江選手、大活躍ですね。彼女には更に上の大会での活躍を期待しています。日本からアジア、そして世界で大活躍を池江選手なら成し遂げられると勝手に思っています。容姿もお綺麗ですしね^^

    自転車ネタも勝手に期待しています。また訪問させて頂きますね^^)/

    • mano

      まだ、不慣れなもんで、返事が遅れてしまいました。

      池江璃花子選手の映像を見るだけで、愛らしい凄さを感じます。卓球の愛ちゃんの絶頂期はそうでした。

コメントを残す