癒しを求めて、服部天神宮までお参りです。足の神様にお願いとお返し。

癒しの神宮へ

お参りです。服部天神宮までのお参りです。

 

 

 

2018年、今年の夏は暑かった。

ずいぶんクーラー様にお世話になりました。

 

どうも、

東南アジアの暑い国より

日本の方が暑いようです。

 

豊中でも、

本当に暑くて困りました。

 

そう言いながら、

 

毎朝、散歩を楽しんでおります。

大阪の豊中市にある

服部緑地公園を中心に散歩しています。

 

5時に起床して、

5時半に出発して、

2時間の散歩を楽しんでおります。

 

たくさんの人が犬とともに

散歩もしております。

 

猫ちゃんの散歩はいませんなあ。

のらちゃんはたくさんいます。

 

散歩の仲間には足を大切にしたい

と言う方が多いですなあ。

 

年をとっても動けるが健康寿命です。

みなさんは健康寿命の延命に気を使っております。

 

散歩しているみなさんが如何に

足の健康に注意を払っているかという

あかしでもあります。

 

今日は、

足の神様服部神宮へお参りするお話です。

 

家から

服部天神宮に行く途中には、

若竹住吉神社

服部住吉神社

があります。

 

 

我家から5分程のところに

若竹住吉神社があります。

 

少し小高い丘の上にあります。

毎年、除夜の鐘がなると、

初詣に行く所です。

一年の祈願をして

お神酒をいただいてきます。

 

気持ちに余裕がある時に、

参らせていただいています。

 

ここから若竹の町を通り抜けて

北条の松並木の下を通り、

高い土手の天竺川へ行きます。

 

松並木のある天竺川は

天井川になっています。

 

きれいな町並みを

眺めることも出来ます。

 

近くに、北条町、服部本町

遠くに、若竹町を見ることが出来ます。

 

江坂のビル群

新大阪のビル群

大阪市内のビル群も

見渡すことが出来ます。

 

そうこうしていると

服部住吉神社に到着です。

道のりは15分ぐらいであったでしょうか。

ゆっくりゆっくりの散歩です。

服部住吉神社は、

町中の静かなところにあります。

 

境内に入ると、

街中にあるのが不思議に思えます。

白い砂の境内です。

心が落ち着くところです。

パワーポイントでもあるのかなと

思う神社であります。

 

ここから5分位のところに

目的の服部天神宮があります。

正月には、

自転車の初詣

参拝させていただいています。

 

サイクリングクラブの年中行事の最初が

ここ服部天神宮への参拝であります。

我々のクラブ以外に、

大阪市内のサイクリングクラブも

参拝に来られており、

賑わっております。

 

 

ここは、

足の神様が祀られているというので

初ランの1つとなっています。

 

ニュースでは、

羽生結弦選手が、

足を痛めた時に、

参拝に来たと報じられておりました。

 

その後、

韓国の冬季オリンピックで

金メダルを獲得されました。

 

もとサッカー選手の釜本邦茂さんも来られていました。

 

服部天神さんの御利益にあずかったスポーツ選手は多く、

男子サッカーのメキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏は、

現役時代からしばしば参拝に訪れていたそうです。

 

今でも、

多くのサッカー選手

参拝に来られているという

話を聞いたことがあります。

 

今日は、

夏天神祭が行われるということで

ここまで参った次第です。

 

8月25日午前10時より、

夏天神祭に併せて全国でも珍しい

足の守護神としての神事が催されます。

 

祭典が終わりますと、

宮司が特大金幣をお授けし、

人形(ひとがた)にて

神職が参列者のおみ足をおさすり

をうけることができます。

 

大阪近辺の夏祭りとしては最後に当たり

8月24日25日には、夕方からは夜店も並びます。

 

他にいろいろの行事があります。

 

初天神祭が1月25日に

祭典、お火焚き神事、湯立神事が行われ、

その後、大根炊きのふるまいがあります。

 

朝の散歩のメンバーから、

大根炊きのふるまい券

いただいて食べに来たことがあります。

 

服部天神宮の

他のご利益として

足の守護、安産、

厄除、交通安全、

足病平癒、家内安全、

必勝祈願などがあります。

 

菅原道真の足病を治した

足の守護

になっています。

 

菅原道真を主祭神として祀る。

関西では足の神様

として知られています。

 

江戸時代には、

当地の服部は

能勢街道の宿場町として栄えたようです。

今でも、

安くておいしい居酒屋さんがあります。

 

商売繁盛で賑わう

服部えびすのときにも足を運びます。

 

家の子供達の七五三のときにも足を運びました。

 

阪急電車の駅も、

以前は、服部駅でしたが

いまは、服部天神駅に変更され

知名度があがりました。

 

服部天神宮の敷地は昔は大きかったようです。

服部天神駅の中に大きな木があります。

駅は昔の敷地の中にあるようです。

往路は、

ゆっくりのウォーキングなので40分掛かったと思います。

復路は、

20分ほどで帰宅できました。

 

足の神様にお参りして、

健脚の祈願をしてまいりました。

 

これで、

これからも、

ずっと、

「足は健康で長持ちする」と思います。

 

 

私がなせ  アフィリエイトをはじめたか?
↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す