癒しの健康、仕事で疲れているのに眠れないのはなぜ?原因と対策

仕事で疲れているのに眠れないのはなぜ?原因と対策

どなたでもスポーツで疲れているときはよく寝れまする。

だから、仕事で疲れているというのは異質なのかなあ。

仕事を終えて自宅へ戻り「はぁ~疲れた!」と言ってしまうのはなぜだろう。
私の場合、これが走って帰るとそうでもないんです。

いろいろな原因とその対処方法などについて説明します。

あくまでも私の経験です。

仕事が忙しくて残業を重ね。
休日出勤もしばしばやっていると
睡眠時間が減ってくるししかも夜中に目が覚め眠れない。
その原因・理由は一体なんなのでしょうか?

ものの本を読むと、
不眠の原因は1つということは稀で、複数の原因が考えられるそうです。

体力的理由の場合はわかりやすいが
精神的な理由となると非常に分かりにくい。

ストレス疲労による精神疲労が不眠の原因のひとつになるそうです。
納期通りに仕事を仕上げるストレス。
仕事の出来上がりの品質に対するストレス。
上司からの仕事の進捗度へのストレス。
など、不安をあおるストレスが影響するそうです。

そして、
睡眠を困難にしたり
夜中に目が覚めたりして
自律神経の乱れやうつ病などにつながるそうです。

対策として、
就寝前のカフェインを含む飲み物を控えたり
マットレスを買い替えたり
枕を買い替えたり
いろいろ試みると思います。

私の健康法は、
駅から自宅までは可能な限り走って帰る。
到着後、熱いシャワーを浴びたりや熱い風呂にゆっくり入り、温泉で長風呂をして体の芯から温めるように温めます。

そのあと、
みなさんはサフナ風呂の後で水を浴びます。
これと同じように、水を浴びます。
できれば、2~3回繰り返すと効果があるように思います。

休みの日には、軽いスポーツを行い、太陽の光をたっぷり浴びることがよいと思っています。
自転車などの有酸素運動を行うのも非常に効果が出ると思います。

運動の後は軽めのストレッチを行う。
ゆるやかに無理ない範囲で伸ばす静的ストレッチをする。
ストレッチは体の老化現象を遅らせるようです。

まとめ
健康な睡眠を取り戻すには
軽い運動で汗をかく。
長風呂に入る。
水を浴びる。
軽い朝風呂に入り水を浴びる。