癒しの健康、ペットに最適な食事を選ぶなら肉食動物フードの「ORIJEN オリジン」です。理想のドッグ・キャットフードのメーカーなのか?

 

 

ペットのフードで心配が残る方へ

このペットフードなら信頼できますかね?

 

 ドッグ・キャットフードのことなら

    実績があります。

 

肉食動物に最適な食事を選ぶなら「オリジン」

【ORIJEN オリジン】

「ORIJEN」とは?

Orijen_JAPANが提供しています。

世界一の賞を受賞したペットフードです。

 

オリジンは世界中で高く評価されています。

 

それを証明するのが世界各国での受賞しています。

 

オリジンは

ペットフードメーカーとしては

類を見ないほど多くの賞を獲得しています。

 

信頼できる食事を選ぶなら「オリジン」

他のフードとの違いは?

オリジンは犬・猫本来の食事を再現する

「バイオロジックフード」という

新しいカテゴリーのペットフードです。

 

無添加・人口添加物未使用を

うたっているフードは多くありますが

オリジンは栄養添加物の使用も最小限にしたフードです。

 

栄養添加物は?

原材料だけでは摂取出来ない

ビタミン・ミネラル等の栄養素を

補うためにペットフードへ入れられます。

 

一般的なペットフードには

20種類以上の栄養添加物が含まれています。

 

 肉食動物

犬猫の身体の作りは肉食動物です。

 

肉食動物に必要な栄養はタンパク質

「ORIJEN」は85%~90%が肉原材料

うち新鮮な肉(冷蔵または冷凍保存)が

2/3以上含まれています。

 

また身の部分だけでは無く、内蔵・軟骨など

草食動物を狩る食事には含まれています。

「ORIJEN」は原材料となる動物を丸ごと使用しています。

 

ペットフードを切り替えて安心の毎日を

炭水化物

不必要な栄養は炭水化物です。

グレインフリーのフードが増えています。

 

しかし、グレインフリーのフードであっても

ポテトやタピオカなどの犬猫の身体に悪影響を

与える高GIの炭水化物源を

使っているフードも多くあります。

 

重要なのはグレインフリーではなく

炭水化物を減らすことなのです。

 

本当の意味で無添加にこだわるなら「オリジン」

原材料の栄養

 調理の過程で原材料の栄養を奪ってしまうためです

多くのフードは高温・高圧で製造を行うため

原材料の栄養を損なうことが多いです。

 

また原材料は何度も加工された状態で

フードの作成がスタートします。

 

自社キッチン

「ORIJEN」は最新設備を導入した

で製造を行います。

 

且つ原材料も近隣で信頼出来る生産者のもとで

とれた新鮮なものを使用するため

原材料の栄養分を壊すことなく最小限に

とどめたフードとなっています。

 

低炭水化物の食事を選ぶなら「オリジン」

ペットのフードで心配が残る方へ

このペットフードなら信頼できますね。

 



コメントを残す