癒し保険、WISは、巨大なマーケット市場にある。

日本は保険大国です。

アメリカなどに比べると保険に入る人が多いそうです。

近年、災害が増えています。

いつ起こるかわからないが
大きな地震が来ると言われています。

やはり、家族のために保険に入っているはずです。

本当に
巨大なマーケット市場があります。

保険に入っている人が多いのです。

日本の保険加入者数は
男性が約80%
女性が約81%
という統計がでております。

また自動車保有車両数も非常に多いです。

なぜまだ、
巨大なマーケット市場があるのでしょうか?
人口も減りつつあるのになぜでしょう?

それは
養老保険から掛け捨て保険に移っているからです。

掛け捨て保険に変わっている
理由は下記のとおりです。

養老保険は

満期になっても死んでももらえるのは片方の金額だけです。

掛け捨て保険は

万がいち、亡くなったときは保険金はもらえます。
そして、安い差額の金額を貯金しておくとこれも残っているんです。
老後資金として使うことができます。

掛け捨て保険は二重取りなんです。

なので
掛け捨て保険市場はまだまだ大きいんです。

大切な保険の見直しチェックをしよう

日本では
保険商品は必要不可欠なものとなっております。

保険内容をどれだけ自身が把握しておられますか?

代理店の方に薦められるまま入っておりませんか?

細かい内容までは把握できておりますか?

一般的には加入しているという事だけで

安心しきっているのが現状だと思います。

ところがいざ保険を使う事態になった時
自分が掛けている保険が保障されない知ったら困りますよ。

大切な保険の見直しチェックをしては如何でしょうか?